教えることを学ぼう「インストラクショナルデザイン」

子供の頃を思い出してほしい。
ランドセルを背負って通った小学校時代でも、
部活動に明け暮れた高校時代でもいい。
(「インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック」より)


 家庭医の阿部佳子先生による「インストラクショナルデザイン」のレクチャーに参加しました。インストラクション?。全くわからないテーマです。サブタイトルは「教えることを学ぶ」。どうも、いまの私にぴったりです。




1.「インストラクション」とは?
 インストラクションとは、「何かの行動を引き起こすための仕掛け」です。スキーやダイビングの「インストラクター」なら、わかりますよね。このインストラクションをどうデザインするか?、つまりどう設計するか?が、インストラクショナルデザイン(ID:Instructional Design)です。デザイン=設計ですから、教育の失敗は「設計ミス」であり、教育の成功は「設計がよかった」ということになります。




2.インストラクションのルール
 17ものルールがあります。すべてを覚えることは無理なので、重要な3つを紹介します。1つ目は「SPECを明記する」ことです。この学びは何を教えるのか?、教える理由は何か?、成功の基準は何か?を示すのです。2つ目は「学びにコミットする」こと。相手にくっついて、責任を持つということです。最後に「学び手は常に正しい」ということです。どんなに教え方が上手でも、相手がわからなければ、それが評価だということです。そのためにも「学び手を知る」ということが大切です。




3.インストラクショナルデザインのサイクル
 「ニーズを知る」→「目標(Objectives)の設定」→「実施」→「評価」。PDCAのような4サイクルが、デザインの要素です。とくにニーズを知ることは大切です。これは、現状を提示して、ニーズは?で書きだして、その重要性(issue)=その学びは役に立つか?を検討します。そして、「目標の設定」では、教育分類(Taxonomy of educational objectives)がキーポイントです。具体的な教育項目(SBOs)に対して、どのような方法(Strategy)がいいのか?選択します。ワークショップが必ずしもいいわけではなく、講義、実技、臨床実習もそれぞれに特徴があります。このTaxonomyとStrategyがわかっていれば、パターン化がされ、再現性が保証され、質が向上するスパイラルにつながります。




気づき)

 ・60分のレクチャーなら、残り15分の「ふりかえり」で満足感を高める。
 ・ふりかえりで「新しいこと」は提示しない。予告まで。
 ・特別に「凝った」レクチャーではないのに、参加者の満足は高い。デザイン効果。


*阿部先生、ご準備いただいたみなさま、ありがとうございました。
*テキストは、こちら。

インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック

インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック

「鉄則1 :何を教えるのかをはっきりさせる」
「鉄則2 :学びにコミットする」
「鉄則3 :教える理由をはっきりさせる」
「鉄則4 :成功の基準をはっきりさせる」
「鉄則5 :標的行動を見せてやらせて確認させる」
「鉄則6 :意味ある行動を引き出す」
「鉄則7 :引き出した行動はすぐに強化する」
「鉄則8 :正答を教える」
「鉄則9 :誤答を教える」
「鉄則10 :スペックを明記する」
「鉄則11 :学び手を知る」
「鉄則12 :学び手は常に正しい」
「鉄則13 :教え手を知る」
「鉄則14 :学ばせて楽しませる」
「鉄則15 :個人差に配慮する」
「鉄則16 :「分かりました」で安心しない」
「鉄則17 :改善に役立つ評価をする」