いつでも見えるゴールや予定なら… 薬学生実務実習(23)


(フェーズごとに期限を決めて、見えるように。これだけで、気合がはいるなっ。このシートは、『(プロジェクト学習用)ポートフォリオシート集(教育同人社、鈴木敏恵)』より)


 いただいたお便りに、鈴木敏恵先生より、コメントをいただきました。



「先輩から、GOAL は常にちらみ・・・させておくことが肝心と教わりました。私にとっても大きな課題です。・・・」(ta_ntoさん)

"常にみられるようにしてある"ところがポイントですね!
(鈴木敏恵先生)

「ゴールシートをいつぐらいまでに書いてもらえばいいのかなあ?目安、きっかけが知りたいなあ〜。」(saku309さん)

すぐ書ける人、書きたい人もいるはずです、ですからいつでも! 
(鈴木敏恵先生)

 鈴木先生からは、つづいて以下のコメントをいただいております。

 基本的には「ビジョン・ゴール」のフェーズの間にと期限をはっきり伝えておきます。書いた後に自分自身や他者と相互に客観的にみて、よりすっきりさせるというシーンをもちましょう。書いたビジョン・ゴールの表現を推敲するシーンを意図的にもちましょう。


 鈴木敏恵先生のコメントから、
 目標を、いつでも見えるようにしておく。
 時間を、いつでも見えるようにしておく。
 場面を、いつでも見えるようにしておく。



 これだけで、成果をいただけてしまいそうですね。



気づき)
 ・Go for it !(思い切ってやってごらん)
 ・Go for broke !(当たって砕けろ)
 ・一直線ではなく、紆余曲折しながら、やってみましょう!


 ポートフォリオとプロジェクト学習&薬学生
 薬学生の実務実習のリアルタイムブログです
 → 鈴木敏恵の未来教育プロジェクト/ブログ 
   http://miraikyouiku.jugem.jp/